Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、生体認証のセキュリティ対策推進に向けたガイドラインを公開

情報処理推進機構は、生体認証システムの理解を深め、導入時に参考となる「生体認証導入・運用のためのガイドライン」を公開した。

同ガイドラインは、指紋、静脈、虹彩などの生体特徴を利用したバイオメトリクスのセキュリティに関する情報を提供するもの。想定読者は、生体認証の導入を検討している企業や導入済み企業の担当者。技術の概要や導入のメリット、運用時の留意点などまとめた。

生体情報の一部を利用することから、情報の紛失、盗難、置き忘れの可能性が低いなど、生体認証を導入するメリットを解説。一方、誤って本人を拒否する「本人拒否率」や誤って他人を受け入れる「他人受入率」など、システムの利用目的に適した認証精度の重要性などを説明している。

また運用マニュアルの作成や監査、利用者の教育など運用における情報も提供。生体認証に関して誤解されているケースがあり、同機構では、客観的な面からまとめた同ガイドラインを、システムの導入や運用に役立ててほしいとしている。

(Security NEXT - 2007/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避