Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IT機器導入からセキュリティ構築まで支援するワンストップサービス - 日立

日立製作所は、オフィスにおけるIT機器の導入から運用管理、セキュリティ環境構築までを一括で請け負うサービス「オフィスITプラットフォームマネジメントサービス」を、7月20日より開始する。

同サービスは、同社と日立電子サービスが共同開発したもの。オフィスで用いるIT機器導入のための計画策定から、機器の移設作業、ウイルス対策、ヘルプデスクなど運用管理までの業務を一括で請け負う。

「コンサルティングサービス」により、機器の導入前に現状の運用体制やセキュリティレベルを診断して導入計画を策定。その後「導入サービス」により、機器の選定や具体的な導入計画を立て、最後の「維持運用サービス」で、企業内に派遣された専任スタッフによる機器の増設や移設、ソフトのライセンス管理、ウイルス対策や情報漏洩対策などを行う。

また、機器のトラブル時の出張サポートや、従業員からの問い合わせに対応するヘルプデスクも提供される。価格は個別見積。

(Security NEXT - 2007/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も