Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4人に1人がセキュリティ対策ソフトを未導入

4人に1人がセキュリティ対策ソフトを導入していないことが情報処理推進機構の調査によりわかった。

IPAがインターネット利用者を対象に実施した「情報セキュリティに関するあらたな脅威に対する意識調査」で判明したもの。同調査は今回が2回目で3月に行われた。有効回答数が5316件。

アンケートによれば、コンピュータウイルスやスパムメール、フィッシング詐欺などを認知しているユーザーはいずれも約8割から9割にのぼるが、正しく理解しているユーザーはいずれも3割から4割の間で推移。ボットやファーミングといった用語は6割以上が認知さえしておらず、正しい理解ができているユーザーは、それぞれ3.4%、2.5%とわずかだった。

セキュリティ対策については、セキュリティ対策ソフトの導入は73.9%と依然4分の1のユーザーが未対策。定期的なウイルスチェックとなると53.2%へ落ち込み、定義ファイルの定期的な更新は39.0%と4割に達していなかった。

(Security NEXT - 2007/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力