Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4人に1人がセキュリティ対策ソフトを未導入

4人に1人がセキュリティ対策ソフトを導入していないことが情報処理推進機構の調査によりわかった。

IPAがインターネット利用者を対象に実施した「情報セキュリティに関するあらたな脅威に対する意識調査」で判明したもの。同調査は今回が2回目で3月に行われた。有効回答数が5316件。

アンケートによれば、コンピュータウイルスやスパムメール、フィッシング詐欺などを認知しているユーザーはいずれも約8割から9割にのぼるが、正しく理解しているユーザーはいずれも3割から4割の間で推移。ボットやファーミングといった用語は6割以上が認知さえしておらず、正しい理解ができているユーザーは、それぞれ3.4%、2.5%とわずかだった。

セキュリティ対策については、セキュリティ対策ソフトの導入は73.9%と依然4分の1のユーザーが未対策。定期的なウイルスチェックとなると53.2%へ落ち込み、定義ファイルの定期的な更新は39.0%と4割に達していなかった。

(Security NEXT - 2007/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント告知メール誤送信 - 物質・材料研究機構
ユーザーID含む内部資料を誤ってネット公開 - Ameba
「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」の定例外更新 - まもなく公開予定
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
セキュリティ関連の修正6件含む「WordPress 5.2.4」がリリース
JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論
金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
「情報処理安全確保支援士会」が設立 - 会員募集をまもなく開始