Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

そごう横浜店、下着売場で顧客名簿70人分を紛失 - 誤廃棄か

そごうは、横浜店のインナーウェア売場において、顧客情報70件が記載された名簿を紛失したと発表した。誤って廃棄した可能性が高いとしている。

所在が不明となっているのは顧客名簿の一部で、同売場で商品を購入した顧客50人分の氏名、住所、電話番号、生年月日が記載されたものと、顧客20人の氏名および住所のみが記載されたもの。

同社では、誤って廃棄した可能性が高いと説明。関連する顧客は特定できており、個別に説明と謝罪を行ったという。

(Security NEXT - 2007/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント告知メール誤送信 - 物質・材料研究機構
ユーザーID含む内部資料を誤ってネット公開 - Ameba
「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」の定例外更新 - まもなく公開予定
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
セキュリティ関連の修正6件含む「WordPress 5.2.4」がリリース
JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論
金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
「情報処理安全確保支援士会」が設立 - 会員募集をまもなく開始