Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、住基データ漏洩で事業者に事故報告求める - 事故多発でガイドライン改正も視野

山口県内のデータ処理事業者から複数自治体が管理する住民基本台帳のデータがファイル交換ソフトを通じてインターネット上へ流出した問題で、経済産業省は、流出の原因となった事業者に対して、詳細な事故報告を求めた。

問題となった事件は、自治体の合併などにともなう住民基本台帳のデータ処理業務を再委託などにより受託していた山口電子計算センターからデータが流出したもの。同社従業員が自宅パソコンへデータを持ち帰っており、ウイルス感染をきっかけにWinnyを通じて流出した。

同省では個人情報保護法にもとづき、流出したデータの内容や原因、経緯、管理体制のほか、拡大防止策、被害者への対応、再発防止策など、詳細な情報の書面による報告を求めた。

また同省では今回の事件をはじめ、重大な個人情報流出事件が発生していることから、注意を呼びかけており、個人情報保護法に基づく報告徴収実施については公表する方針を明らかにした。また同省の個人情報保護ガイドラインの改正を含めた検討を行うという。

(Security NEXT - 2007/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース