Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜市、温暖化対策課で業務用HDDを紛失 - 個人情報約7500件含まれる

横浜市は、環境創造局温暖化対策課において、住民の個人情報約7500件を含む業務情報が保存されたハードディスクを紛失したと発表した。同市では盗難の可能性もあるとして、警察へ被害届を提出する。

所在が不明となっているハードディスクは、ネットワークに接続してデータバックアップ用に利用していたもので、同課の業務全般に関するデータが保存されていた。同市住民の個人情報約7500件も含まれており、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、年齢のほか、口座番号や取得資格、住宅用太陽光発電システムへの補助金額などが含まれる。

6月22日に確認されたのが最後で、その後7月5日に担当者が紛失に気付いた。しかし別の担当者が休暇中だったためそのまま捜索せず、10日になって紛失を確認したという。同HDDは、鍵付きのキャビネットに保管するなど盗難対策は講じられていなかった。

同市では関係者に対し、電話または文書で説明と謝罪をする。また盗難の可能性も考えられることから、被害届を提出するとしている。今後は盗難防止対策を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2007/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生