Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無料ホームページ作成サービスが不正アクセスの被害に - サービスが一時停止に

無料ホームページ作成サービスを展開する魔法のiらんどは、同社サーバーが不正アクセスを受けたと発表した。

現在同社では、不正アクセス対策のため、魔法のiらんどへのアクセスへのアクセスをブロックしており、ページの閲覧や更新が行えない状態となっている。また不正アクセス対策のメンテナンスを実施。7月10日より順次回復する予定だったが、終了時間の見通しは立っていないという。

同社によると、ホームページサービスのデータには影響なく、サービス再開後は通常通りアクセスできるようになるという。またデータベースへの不正アクセスはなく情報漏洩といった被害については否定している。

(Security NEXT - 2007/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市