Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京都、架空請求の通報メールを消失 - 操作ミスの可能性

東京都は、都民から送られた架空請求に関する通報メール約7000件を消失したと発表した。不正アクセスによる被害の可能性は低いとしている。

都の消費生活部では、架空請求メールの情報提供を受け付け、条例違反のケースについて口座の凍結を金融機関へ要請したり、サイト名を公開するなど、被害を未然に防止する「架空請求メール都民通報制度」を運営しているが、同制度で受け付けたメールを消失したもの。

消失したのは、2007年1月1日から6月13日までに受信した通報メール7013件。14日に受信した分も含まれるが、件数はわかっていない。メールには、通報内容だけでなく、通報者の氏名およびメールアドレスが含まれる。都では13日までのデータはすでに分析が完了しており影響なかったが、14日分については消失により対応できなかった。

6月15日に、委託業者がパソコンを立ち上げた際、受信した通報メールの一部データ消失を確認。原因は判明せず、サーバ管理会社にアクセス状況の調査を依頼し、不正アクセス被害について確認したが、異常なアクセスはなかったという。

消失の原因は誤操作である可能性が高いとし、都ではメールデータを外付けハードディスクに保存するなど再発防止策を取るという。

東京都
http://www.metro.tokyo.jp/

(Security NEXT - 2007/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出