Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDIの配布したサンプルCGIに脆弱性 - 修正版が公開

KDDIがウェブサイト上で配布していたCGIのサンプルプログラムに、脆弱性が発見された。同社では修正版の公開を開始している。

問題となったプログラムは、画像や着信メロディをau携帯電話でダウンロード、保存するために提供していたCGI。同社運営サイトEZfactoryで配布していた。

プログラムには、ディレクトリトラバーサルの脆弱性が含まれており、ネットワークを通じて、CGIを設置しているサーバ内のファイルへ認証なく第三者によりアクセスされ、情報漏洩などが発生するおそれがある。

同社では、ファイル名についてスラッシュの利用を制限し、問題を解消したプログラム「ダウンロードCGIセキュリティ対策版」を用意。ウェブサイト上で配布を開始しており、改修など不正アクセスの予防措置を実施するよう呼びかけている。

EZfactory
http://www.au.kddi.com/ezfactory/

KDDI
http://www.kddi.com/

(Security NEXT - 2007/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論
金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
「情報処理安全確保支援士会」が設立 - 会員募集をまもなく開始
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
「Chrome 77.0.3865.120」がリリース - 重要度「高」の脆弱性5件を修正
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
セキュ分野のキャリアパスグランドデザインで資料 - JNSA
効果的な情報共有について議論する国際シンポ - 11月に開催