Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

展示会会場で回収したアンケート用紙398人分が所在不明に - 松下電器関連会社

パナソニックシステムソリューションズは、同社が参加した展示会会場で回収した記入済みアンケート用紙398枚が、所在不明となっていることを明らかにした。

行方がわからなくなっているのは、名刺が貼付された記入済みアンケート用紙398枚。6月20日から22日まで、東京ビッグサイトで開催された製薬ITソリューションEXPO「Pharma IT 2007」において、21日と22日の2日間に同社ブースに立ち寄った顧客から回収したもの。

展示会終了後、用紙を段ボール箱に入れて同社宛てに送付したが、25日になっても到着しなかったため、展示会場のほか委託運送業者や廃棄業者などを調査した。しかし7月5日時点では発見されていない。

同社では情報が流出するおそれもあるとして、不審な問い合わせなどがあった場合は連絡してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず