Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフトが7月度の更新プログラムを事前予告 - 深刻度「緊急」は3件

マイクロソフトは、7月に公開予定のセキュリティ更新プログラムに関する事前予告を公表した。深刻度「緊急」が3件のほか、「重要」が2件、「警告」が1件となっており、リリースは7月11日を予定している。

「緊急」とされる脆弱性は、「Excel」や「Windows」「.NET Framework」に関するもので、いずれもリモートでコードが実行されるおそれがある。また「重要」とされるものには、「Publisher」と「Windows XP Professional」に関する脆弱性が含まれる。

今回、Windows Vistaに関する脆弱性も見つかった。情報漏洩のおそれがあり、深刻度は「警告」としている。パッチのリリースと同時に悪意あるソフトウェアの削除ツールも公開する予定。

2007年7月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-jul.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論
金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
「情報処理安全確保支援士会」が設立 - 会員募集をまもなく開始
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
「Chrome 77.0.3865.120」がリリース - 重要度「高」の脆弱性5件を修正
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
セキュ分野のキャリアパスグランドデザインで資料 - JNSA
効果的な情報共有について議論する国際シンポ - 11月に開催