Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

延滞解消が反映されないなど信用情報の登録ミスが8517件 - 徳島銀行

徳島銀行において、全国銀行個人信用情報センターへ個人顧客の信用情報が登録する際、ミスが発生していたことがわかった。

全国銀行個人信用情報センターでは、金融機関が信用情報を登録して共有しているが、徳島銀行の一部顧客において情報が未更新であったり、誤った情報を登録していたもの。

ローンの支払いについて延滞が解消されているいるにも関わらず、正しく反映されていなかったケースが4件あったほか、完済されているのに残高情報が更新されていなかったケースも18件あることがわかった。また誤った完済日が登録されていたケースにいたっては8495件が判明している。

同行によれば、今回の登録ミスにより契約が行えなかったといった問題は報告されていないという。誤登録についてはすでに修正が完了した。再発防止策として、同行は登録データの作成について検査を強化するほか、定期的に全件の精査を実施するという。

徳島銀行
http://www.tokugin.co.jp/

(Security NEXT - 2007/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避