Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱UFJニコス提携カードで信用情報の登録ミス - 一部で不利益発生も

三菱UFJニコスは、全国銀行個人信用情報センターへ信用情報を登録する際にミスがあったと発表した。同社によると、今回の誤登録における被害の範囲は、提携カード22社分のみで、UFJカードおよびNICOSカードへの影響は否定している。

信用情報の誤登録が発生したのは、同社や三菱東京UFJ銀行提携企業22社が発行するDCブランドカードで、11万2730件最大4万2449人に影響が出た。2006年10月に全国銀行個人信用情報センターがシステム変更を実施したが、同社が対応する際に一部問題があり、誤登録につながったという。

具体的には、同社が2006年10月30日から2007年6月28日までに取り扱ったクレジットカードのキャッシングサービスにおける利用残高10万8296件、最大3万8542人分が登録もれとなったのをはじめ、クレジットカード利用代金の支払い状況やキャッシングサービスの返済状況にについても4079件最大3552人分が、また退会情報の未登録や完済情報の二重登録など355件、最大355人分についてミスがわかっている。

また今回の誤登録により、最大2324件について不利益が発生した可能性がある。同社では、6月28日までに登録データの修正を実施。関連する顧客に対して個別に謝罪するという。

三菱UFJニコス
http://www.cr.mufg.jp/

関連記事:信用金庫の信用情報で登録ミス314万人分
http://www.security-next.com/005091.html

関連記事:ローン払ったはずが「未払い」 - 信用情報の登録ミス、銀行でも
http://www.security-next.com/005205.html

関連記事:JCB、プログラムミスで信用情報22万4460名分を登録ミス
http://www.security-next.com/005786.html

関連記事:国民金融金庫、信用情報の登録ミス1753件判明 - すでに修正済み
http://www.security-next.com/005126.html

(Security NEXT - 2007/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用