Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱UFJニコス提携カードで信用情報の登録ミス - 一部で不利益発生も

三菱UFJニコスは、全国銀行個人信用情報センターへ信用情報を登録する際にミスがあったと発表した。同社によると、今回の誤登録における被害の範囲は、提携カード22社分のみで、UFJカードおよびNICOSカードへの影響は否定している。

信用情報の誤登録が発生したのは、同社や三菱東京UFJ銀行提携企業22社が発行するDCブランドカードで、11万2730件最大4万2449人に影響が出た。2006年10月に全国銀行個人信用情報センターがシステム変更を実施したが、同社が対応する際に一部問題があり、誤登録につながったという。

具体的には、同社が2006年10月30日から2007年6月28日までに取り扱ったクレジットカードのキャッシングサービスにおける利用残高10万8296件、最大3万8542人分が登録もれとなったのをはじめ、クレジットカード利用代金の支払い状況やキャッシングサービスの返済状況にについても4079件最大3552人分が、また退会情報の未登録や完済情報の二重登録など355件、最大355人分についてミスがわかっている。

また今回の誤登録により、最大2324件について不利益が発生した可能性がある。同社では、6月28日までに登録データの修正を実施。関連する顧客に対して個別に謝罪するという。

三菱UFJニコス
http://www.cr.mufg.jp/

関連記事:信用金庫の信用情報で登録ミス314万人分
http://www.security-next.com/005091.html

関連記事:ローン払ったはずが「未払い」 - 信用情報の登録ミス、銀行でも
http://www.security-next.com/005205.html

関連記事:JCB、プログラムミスで信用情報22万4460名分を登録ミス
http://www.security-next.com/005786.html

関連記事:国民金融金庫、信用情報の登録ミス1753件判明 - すでに修正済み
http://www.security-next.com/005126.html

(Security NEXT - 2007/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大