Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

T-SS、シングルサインオンにも対応する暗号化情報漏洩防止ソリューション

トリニティーセキュリティーシステムズは、データの暗号化と利用権限設定により、情報の流出や不正利用を防止する「Pirates Buster for Document Ver.3.1」を発売した。

同製品は、Office関連ファイルやPDF、CSV、テキスト形式など、企業内のデータファイルを暗号化するセキュリティソリューション。利用権限を設定でき、漏洩事故発生後の利用停止やログを追跡調査に対応している。

最新バージョンでは、LDIF形式で出力されたActive DirectoryやLDAPのユーザー情報と同製品の同期が可能となったほか、インポートしたユーザーのシングルサインオンに対応。またAdobe Acrobat 8およびWindows Media Player 11にも対応となった。価格は、5ユーザーライセンス込みの基本パックが31万5000円。

(Security NEXT - 2007/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社