Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

T-SS、シングルサインオンにも対応する暗号化情報漏洩防止ソリューション

トリニティーセキュリティーシステムズは、データの暗号化と利用権限設定により、情報の流出や不正利用を防止する「Pirates Buster for Document Ver.3.1」を発売した。

同製品は、Office関連ファイルやPDF、CSV、テキスト形式など、企業内のデータファイルを暗号化するセキュリティソリューション。利用権限を設定でき、漏洩事故発生後の利用停止やログを追跡調査に対応している。

最新バージョンでは、LDIF形式で出力されたActive DirectoryやLDAPのユーザー情報と同製品の同期が可能となったほか、インポートしたユーザーのシングルサインオンに対応。またAdobe Acrobat 8およびWindows Media Player 11にも対応となった。価格は、5ユーザーライセンス込みの基本パックが31万5000円。

(Security NEXT - 2007/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ