Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Yahoo!オークションが「受け取り後決済サービス」 - 匿名で決済、発送、受け取りまで

ヤフーは、Yahoo!オークションの利用者を対象に、匿名で決済や商品の発送、受け取りが行える「受け取り後決済サービス」を開始する。開始時期は7月11日となる予定。

同サービスは、コンビニや運送会社、ジャパンネットバンクの連携によりで実現したYahoo!オークション利用者向けの匿名の発送サービス。

すでに同社ではメールアドレスを教えずに取引が行える「取引ナビ」を提供しているが、今回のサービス強化により、出品者と落札者それぞれが氏名や住所など個人情報を知らせることなく商品の発送ができ、到着後に代金を支払うために不着といった事故も防止できる。

発送および受け取りは、自宅かセブンイレブンの店頭を選択できる。さらに出品者はジャパンネット銀行の専用口座を利用できるため、自分の口座番号を教えることなく代金の受け取りができる。

同サービスの利用には、出品者が「Yahoo!ネットバンキング」に登録する必要がある。利用料は、出品者は無料。落札者は、Yahoo!ネットバンキング利用の場合は52円。ほかの口座を利用した場合には、各金融機関の振込手数料がかかる。

(Security NEXT - 2007/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003