Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報217件含む書類がバイクごと盗難に - 都内の冠婚葬祭業者

東京都大田区の冠婚葬祭業者が営業中に原付自転車などが盗まれ、顧客情報217件を持ち去られる事件が発生した。

今回の事件は、くらしの友城東営業所の従業員が6月11日に顧客を訪問した際に盗難被害に遭ったもの。路上に駐車していた原付自転車とバッグが何者かに盗まれ、顧客情報が記載された書類が持ち去られたという。

被害に遭った書類には、葛飾区および足立区内の顧客217名分の氏名、住所、電話番号、取引履歴、契約内容などが記載されていた。同社では、監督官庁や関連団体へ事態を報告、また対象となる顧客を直接訪問し、事情の説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2007/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン