Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公金着服や顧客情報管理体制の不備などで大分銀行に業務改善命令

財務省九州財務局は、預金の着服や顧客情報の取り扱いに問題があったとして、大分銀行に対して行政処分を実施した。

大分銀行では、2006年11月に預金の着服などが判明したことから業務改善命令を受け、改善計画の報告を行っていたが、その後も複数の着服事件やローンの不適切な取り扱い、個人情報の漏洩や誤登録など複数の不祥事が重なり、同局では管理体制が不十分であるとして再び行政処分に踏み切ったもの。

今回の行政処分では、同行の管理体制について、役員における法令遵守構築への取り組みが甘く、店舗でも法令遵守の意識が低いと指摘。顧客情報漏洩などが発生した場合も経営陣に報告されていないなど管理体制が整っておらず、不祥事の検証や監査体制が不十分であることなどを処分の理由に挙げている。

業務改善命令では、原因の究明や管理体制の強化、責任の所在の明確化のほか、監査や検証体制の構築や充実、顧客情報の漏洩防止をはじめとする顧客保護管理体制の強化など、9項目について7月までに改善計画の提出を求め、その後も実施完了まで四半期ごとに報告書を提出するよう指導した。

同行では、今回の行政処分を受け、「実効性の高い改善計画を策定し、不祥事件を2度と発生させないよう改善計画を実行することで内部体制を強化し、信頼回復に努めたい」とコメントしている。

(Security NEXT - 2007/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止