Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

100万種以上のマルウェアを約1分で検索する「NanoScan」

Panda Softwareは、「iGoogle」や「Windows Live」のガジェットとして利用できるウイルス対策サービス「NanoScan」のミニカスタムバージョンを提供開始した。

「NanoScan」は、「iGoogle」「Windows Live」「NetVibes」「Protopage」などで利用できるガジェット。日本国内では、iGoogle、Windows Liveで利用できる。

ウイルスやワーム、トロイの木馬、スパイウェアなど100万種類以上のマルウェア検索に対応しており、1分程度で検索できる。ユーザーのPCから、PandaLabsへ分析情報を転送し、サーバ上でマルウェアのスキャン、分析、発見を行うため、早期発見などを実現したという。

毎日2500件の新しいサンプルを追加するほか、未知のウイルスに対応する「ジェネティックヒューリスティックテクノロジー」にも対応している。

(Security NEXT - 2007/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大