Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エントラスト、1台あたり2500円のワンタイムパスワードトークンを発売

エントラストジャパンは、ワンタイムパスワードハードウェアトークン「Entrust IdentityGuard Mini Token」2種を発売した。価格を引き下げ、1台あたり2500円で提供する。

同製品は、ログオン時のワンタイムパスワード認証を実現するハードウェアトークンで、同社の認証強化プラットフォーム「Entrust IdentityGuard」のオプションとして提供する。トークンによるワンタイムパスワード認証は、トークンが高価であることが導入の障壁となっていたが、今回値下げを実施し、1台2500円と価格を抑えた。

イベントベースで同期するワンタイムパスワードを生成するタイプと、時間とイベントで同期し、よりセキュリティ性の高い認証を実現するATタイプの2種が用意した。

(Security NEXT - 2007/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大