Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

指紋認証を搭載したネットワークスキャナ - キヤノンMJ

キヤノンマーケティングジャパンは、指紋認証によるログインを実現したネットワークスキャナ「キヤノンScanFront 220P」を、7月下旬より発売する。

同製品は、スキャンして読み込んだデータを画面で確認しながら、ネットワーク上の指定の宛先に送信するネットワークスキャナ。指紋認証によるログインに対応しており、従来のユーザー名とパスワード入力によるログインと選択して利用できる。さらにログイン後の機能制限をユーザーごとに設定できるなど、セキュリティ機能が強化した。

また、大型液晶タッチパネルに触れるだけで操作できるなど利便性へ配慮。「Scan to Mail」「Scan to Folder」「Scan to FTP」「Scan to USBメモリ」の4つの送信機能により、スキャンしたデータをメールで送信したり、共有フォルダやサーバに保管することができる。価格は、26万400円。

0706cmj.jpg

(Security NEXT - 2007/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション