Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開設してはすぐ閉鎖 - 転々と海賊版サイトを運営していた男女3人が逮捕

北海道警と厚別署は、オークションサイトや複数のウェブサイトを利用して海賊版ソフトウェアを販売していた男女3名を6月13日に著作権法違反の疑いで逮捕した。

警察は家宅捜索により、約400枚の海賊版ソフトが押収し、入手元などの調べを進めている。コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、逮捕された男女らは、2006年11月17日ごろから2007年4月13日ごろまでの間、ジャストシステムのワープロソフトやゼンリンの電子地図帳などを、無断で複製して販売していた。

男性らは、オークションサイトに海賊版を出品し、入札者に海賊版のリストを掲載したスパムメールを送付したほか、複数の海賊版販売サイトを通じて販売。短期間でサイトを変更するなど巧妙な手口で運営期間が最短2週間のものもあったという。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2007/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず