Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組合員の口座情報含む書類を委託先が紛失 - 島根の生協

生活協同組合しまねは、組合員41名分の「口座振替依頼書」および「登録口座変更届」について、委託先で所在がわからなくなっていると発表した。

行方がわからなくなっているのは、組合員41名分の個人情報や口座情報が記載された「口座振替依頼書」および「登録口座変更届」。ヤマト運輸を通じて4月27日に広島貯金事務センター宛てに発送したが、6月分の商品代金引き落としの際に未登録のデータが見つかったことで、今回の紛失が判明した。

ヤマト運輸で引き続き捜索を行うとともに、警察に紛失届を提出した。同生協では、紛失した情報の悪用を未然に防ぐため、関連する組合員へ口座の変更や二次被害を受けていないかなど、確認を求めている。

(Security NEXT - 2007/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン