Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

融資関連書類を事務所内で紛失 - 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、融資情報など顧客情報を記載した書類を紛失したと発表した。

今回紛失が判明したのは、金融機関から顧客の融資内容を同機構へ知らせる「貸付実行通知書」8件やローン内容を変更した際に通知する「変更通知書」1件などあわせて9件。いずれも氏名や生年月日が含まれていたほか、貸付実行通知書では、住所や職業、収入のほか、融資金額や返済期間、物件情報など個人情報9人分や法人顧客の情報1件分が含まれていた。

これら書類は通常であれば事務所内で保管されているという。同機構では、持ち出した形跡がないとして、ほかの書類と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。また関係者に対して事情を説明、謝罪した。

さらに同機構では、6月13日に職員が取引先の担当者へ連絡を行った際、一部メールアドレスがCCへ記載されていたことから、メールアドレスが流出する事故も発生している。事故判明後に関係者へ事情を説明、誤送付先に対してはメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2007/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに