Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃キット「MPACK」による感染被害、欧米で流行し日本でも拡散の予兆

ヨーロッパで不正サイトへアクセスさせるタグが埋め込まれたウェブサイトを1万件以上確認されている。

ウェブエクスプロイトツールキット「MPACK」を利用した攻撃によるもので、米Websenseの研究期間であるWebsense Security Labsが被害報告を取りまとめた結果、判明した。

「MPACK」により脆弱性を攻撃されたウェブサイトは、「IFRAME」タグが埋め込まれ、不正サイトへの踏み台にされる。ユーザーが不正サイトにアクセスしてしまうと、複数方法により攻撃を受け、トロイの木馬などへ感染した場合、個人情報漏洩など被害が発生する。

メインサイトでは感染状況の統計が公表されており、イタリアではすでに1万件以上がダウンロードされ、スペイン、アメリカ、ドイツ、フランスなどで数千件規模で拡散。日本でも数十件のダウンロードが確認されている。

(Security NEXT - 2007/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ