Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃キット「MPACK」による感染被害、欧米で流行し日本でも拡散の予兆

ヨーロッパで不正サイトへアクセスさせるタグが埋め込まれたウェブサイトを1万件以上確認されている。

ウェブエクスプロイトツールキット「MPACK」を利用した攻撃によるもので、米Websenseの研究期間であるWebsense Security Labsが被害報告を取りまとめた結果、判明した。

「MPACK」により脆弱性を攻撃されたウェブサイトは、「IFRAME」タグが埋め込まれ、不正サイトへの踏み台にされる。ユーザーが不正サイトにアクセスしてしまうと、複数方法により攻撃を受け、トロイの木馬などへ感染した場合、個人情報漏洩など被害が発生する。

メインサイトでは感染状況の統計が公表されており、イタリアではすでに1万件以上がダウンロードされ、スペイン、アメリカ、ドイツ、フランスなどで数千件規模で拡散。日本でも数十件のダウンロードが確認されている。

(Security NEXT - 2007/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT