Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

参加ISP拡大目指し「ボット対策プロジェクト」が全国説明会

総務省と日本データ通信協会は、ボット対策プロジェクトへ参加や協力するISPの拡大を目指し、全国5都市で説明会を実施する。

今回の説明会は、広域的なボット対策推進の一環で、7月23日の東京を皮切りに、7月から8月にかけて名古屋、大阪、福岡、仙台の5カ所で展開する。参加申し込みは、日本データ通信協会テレコム・アイザック部のサイバークリーンセンター システム運用グループがメールにて受け付けている。

ボット対策プロジェクトは、総務省と経済産業省を中心となり、官民の協力体制でボット対策を進めている取り組み。ポータルサイト「サイバークリーンセンター」を中心に、ボットに関する調査や啓発活動などを展開している。

(Security NEXT - 2007/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市