Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6種類のウイルスによる連続攻撃に注意 - トレンドマイクロが確認

トレンドマイクロは、ウェブ経由で感染し、連鎖しながら感染を広げるウイルスをあらたに複数確認したとして、注意を呼びかけている。

今回同社が発見した脅威は、トロイの木馬や不正コード、スパイウェアなど、6種類のウイルスが連鎖して感染するもの。一連のウイルスに感染すると踏み台や情報漏洩の被害につながるおそれがある。

感染のきっかけとなるのは、ウェブ上に埋め込まれた不正コード「HTML_IFRAME.CU」。ユーザーが不正コードを埋め込まれたウェブサイトを閲覧すると、意図せず不正サイトへアクセスし、IEのセキュリティホールを悪用するJavascript「JS_DLOADER.NTJ」が実行されるという。

さらにトロイの木馬「TROJ_SMALL.HCK」のダウンロードと実行が行われ、「TROJ_PAKES.NC」や「TROJ_AGENT.UHL」へと感染が拡大。「TROJ_PAKES.NC」がスパイウェアである「TSPY_SINOWAL.BJ」をダウンロードする。

「TROJ_AGENT.UHL」へ感染するとプロキシサーバとして利用されるほか、「TSPY_SINOWAL.BJ」は、キーの入力やパスワードの盗聴を行う。同社では旅行サイトなど、ウェブサイトへの感染報告を受けているという。

(Security NEXT - 2007/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市