Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

凸版印刷、決済ごとに認証データを変える「動的認証」のICクレジットカードを開発

凸版印刷は、決済のたびに認証データを変更する「動的認証」方式を採用したICクレジットカードを開発した。ICカード製品「SMARTICS-C2DN」として6月より販売開始する。

同社が開発したのは、「DDA」と呼ばれる動的認証方式を採用したICクレジットカード。国内に普及しているICクレジットカードが採用している「静的認証(SDA)」では、カードから端末に送る認証データが固定であるのに対し、動的認証では、端末から送られた乱数をもとに認証データを作成する。

動的認証では、決済ごとに認証データが異なり、通信記録を盗聴されても認証データの特定が困難なため、偽造カードの作成が難しいという。同製品は、同社が独自開発したICカード用OSを採用したことで、従来の「動的認証」製品に比べ約15%のコストダウンが実現。また静的認証にも対応し、キャッシュカード機能一体型のカードとしても利用可能。

(Security NEXT - 2007/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション