Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員私用PCからファイル交換ソフト経由の情報流出相次ぐ - 鹿児島県

鹿児島県職員の私用パソコンからファイル交換ソフトを通じてデータ流出する事件が相次いだ。いずれの事件も、インターネット上にある掲示板の書き込みで判明したもので、同県では対応に追われている。

県民の個人情報を含んだ業務関連情報が、同県農政部職員の自宅パソコンにインストールされたファイル交換ソフト「Winny」経由で流出していたことが今月9日にわかった。

同県では、流出した情報の詳細について調査を進めているが、流出したファイルは600件以上にのぼり、業務情報のほか、県民の個人情報が記載された名簿や台帳なども含まれていた。同県では、対応を検討している。

また、同県では今月9日にもわいせつ画像などを「Share」経由で流出させた職員に対し、信用失墜にあたるとして減給の懲戒処分を実施している。

(Security NEXT - 2007/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割