Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警視庁から捜査資料がWinny流出 - 1万件以上

警視庁巡査長の私用パソコンから警察資料がインターネット上へ流出したことがわかった。

北沢署の男性巡査長が持ち出していたデータが、ファイル交換ソフトのWinnyを通じて流出したもの。流出したデータは1万件にのぼり、利用していたパソコンがウイルスに感染し、外部に流出したと見られている。

警視庁の規定ではWinnyの利用が禁止されていたが、守られていなかった。捜査資料も含まれ、一部では暴力団関係者や容疑者、事件関係者なども含まれており、警視庁では詳細について調査を進めている。

(Security NEXT - 2007/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意