Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全日空、システム障害を受け再発防止策を発表 - 人員を増加して監視体制を強化

全日空は、5月27日に発生したコンピュータシステムの障害により、一部国内線に欠航や遅延が発生した問題を受け、その原因と再発防止策を発表した。

問題となった障害は、5月27日未明に発生したもので、システム障害により発券業務などが停止し、130便が欠航、300便以上に遅延が生じた。原因はネットワークシステム内の国内旅客系ホストコンピュータと空港設置端末間に設置された通信機器の故障によるもので、通信が正常に行われず、空港内の端末が作動しない状態となった。

同社では再発防止策として、ネットワークシステム機器の交換、および人員増加によるシステム監視体制の強化を実施した。また、通信機器の障害を自動で検知し、正常な通信経路を確保するソフトの導入や、通信制御コンピュータの増強、障害発生時の緊急体制の見直しなども順次実施するとしている。

(Security NEXT - 2007/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性