Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農政局でメールアドレスの漏洩が頻発 - 全国でのべ300回以上

各地の農政局でメールアドレスの流出が頻繁に発生したことがわかった。2006年4月から2007年4月まで調査を進めたところ、関東や東北をはじめ、300回以上にわたり流出が発生していたという。

2007年4月に全国の農政局でメールの配信ミスによりメールアドレスが流出したことを受け、各農政局では調査を進めていたもの。食品や食糧関係業務でメールを送信する際、宛先に設定し、メールアドレスが流出するミスが多数発生していたことがわかった。

関東農政局では、流出したメールアドレス件数はのべ155件で、のべ206回の送信ミスが発生した。また、東北農政局で、メールアドレス84件について102回のミスが判明。

中国四国農政局においても17回の送信ミス、のべ20件のメールアドレスの漏洩が判明したほか、近畿では5回にわたり10件、北陸では5回わたり5件、九州でも2006年6月や8月に2回にわたり3件が流出が明らかになっている。

いずれも送信ミスでも、二次被害等は確認されていないとしているが、謝罪のメールなどを送信したという。

(Security NEXT - 2007/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大