Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDIのケーブルテレビ向けIP電話サービスで一部障害

KDDIがケーブルテレビと提携して提供しているIP電話サービス「ケーブルプラス電話」に一部障害が発生している。

同社によれば今回の障害により、6月13日午前3時49分からケーブルテレビ会社27局11万5984回線のうち、IPアドレスが重複が発生した回線について発着信ができなくなったという。

障害の原因は、IPアドレスを管理するサーバのデータベースに不具合で、サーバのデータ更新や利用者がターミナルアダプタをリセットしたことにより、17時の時点で10万6527回線が復旧した。残り回線についても順次復旧する見込みだという。

KDDI
http://www.kddi.com/

(Security NEXT - 2007/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市