Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西のフレッツ・光プレミアム用機器に不具合 - ひかり電話には影響なし

NTT西日本は、光ファイバーを利用したインターネット接続サービス「フレッツ・光プレミアム」の機器に、インターネットへ接続できなくなる不具合が見つかったと発表した。対象は約2万7000台にのぼるが、「ひかり電話」の通話には影響ないという。

今回不具合が見つかったのは、同社が「フレッツ・光プレミアム」向けに提供している終端機器「100M H」「2004W H」のソフトウェア。同社によれば、電源を入れてから、そのまま電源を落とさずに約8カ月以上利用すると、ソフトウェアの不具合によりインターネット接続ができなくなるという。

問題となるソフトは、2006年8月25日より11月まで提供されていた旧バージョン。対象者は更新ランプの点滅により確認でき、2006年11月26日より提供されている最新のソフトウェアへバージョンアップすることで問題を回避できる。また、同社ではソフトウェアへのバージョンアップを7月上旬に予定しており、同バージョンでも同問題を解決できる。

NTT西日本
http://www.ntt-west.co.jp/

(Security NEXT - 2007/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト