Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

みずほ銀行、RSAセキュリティのフィッシング反撃ソリューションを導入

みずほ銀行は、インターネットバンキングのセキュリティ強化を目指し、RSAセキュリティのフィッシング対策サービス「RSA FraudAction」を採用した。同行によれば、同サービスの導入は国内ではじめてだという。

「RSA FraudAction」は、フィッシングサイトを短時間で閉鎖させ、詐欺被害の拡大を防止するセキュリティソリューション。サービスを導入した企業がフィッシングサイトを発見した場合、その報告に基づいてフィッシングサイトをホスティングしている国やISPを探し、オンライン不正対策指令センターが対策を講じる。

同行では、利用者がパソコン上の設定や操作を行う必要がないため、負担をかけることなくフィッシング対策が実現できるとして、今回の導入を決定した。

(Security NEXT - 2007/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン