Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルの特徴から機密情報を判断して持ち出し防止 - 「LeakProof」

日立システムアンドサービスは、ファイルの特徴から機密情報を判断して外部への持ち出しを防止する「LeakProof」の販売を開始した。

同製品は、米Provillaが開発した情報漏洩防止製品。ネットワーク機器「LeakProof Server」とクライアントソフト「LeakProof Agent」を組み合わせることで、メモリなどの外部記憶媒体やネットワーク経由でのファイル持ち出しを防止する。

ファイルの特徴を抽出して照合することで機密情報を判断し、ファイル名の変更やキーワード削除などの改ざんを施した持ち出しについても防止することができる。ファイルの特徴は、Provillaの「DataDNA」技術により約1Kバイトの固定情報で管理されるため、ファイルサイズに影響を受けず処理が可能。

また、メール添付やファイル転送ソフトなど、ネットワーク経由でのファイル持ち出しも防止し、圧縮ファイルや暗号化ファイルの持ち出しを禁止するほか。ユーザーごとのアクセス権限や機密扱いの期限など、詳細な設定も可能となっている。

(Security NEXT - 2007/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか