Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西日本、関係会社で顧客情報含むPC盗まれる - 盗難防止ワイヤーが切断

NTT西日本は、委託先であるNTT西日本-関西が事務所荒らしの被害に遭い、顧客情報43件を含むノートパソコンが盗まれたと発表した。

週明けとなる5月21日にNTT西日本-関西の従業員が出勤してみると、盗難防止用のワイヤーが切られ、何者かにパソコンを持ち去られたあとだったという。その後6月6日に警察へ盗難届を提出したが、12日時点ではまだ見つかっていない。

被害に遭ったパソコンには、個人顧客によるインターネット接続サービス受注情報14件や法人顧客の受注情報、提案書29件が保存されていた。氏名、住所、電話番号など個人情報が含まれており、法人顧客については回線構成図なども記録されていた。同社では関連する顧客に対して、個別に訪問して謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2007/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か