Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組合員情報24万件を記録したMOディスクを紛失 - 大阪の医療生協

医療生協を展開するヘルスコープおおさかで、組合員の個人情報を記録したMOディスクの所在がわからなくなっている。

紛失が判明したのは、データのバックアップに利用したMOディスク。氏名や住所、電話番号、生年月日のほか、家族の氏名や加入日時、出資金など個人情報約24万件が記録されていたという。5月18日に担当者がバックアップ作業を実施したがしまい忘れ、翌19日になくなっていることに気が付いた。

同組合では、不審者の侵入した形跡などなく、5月末の時点で被害などは確認されていないことから、ディスクを廃棄、焼却した可能性が高いと結論付けている。

データはバックアップ用だったため、業務への影響はないとしている。またバックアップを持ち運びできないシステムに変更した。同組合では関係者に謝罪の文章を送付。今後も調査を進め、原因究明や責任の所在など明らかにしていく方針だという。

(Security NEXT - 2007/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生