Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客リスト23枚が所在わからず - 中国電力

中国電力は、岡山市内で顧客リスト23枚を紛失したと発表した。氏名や電気使用量など個人情報も記載されていた。

所在がわからなくなっているのは、計量器の定期点検に使用する顧客リスト23枚。同社岡山営業所サービス区域の対象となる顧客193件について、氏名や電気の使用場所、契約番号などが記載されていた。

6月6日午前中に同社調査員が、本来バイクの荷物入れに入っている同リストが見あたらないことに気が付いたという。紛失した場所は特定できていない。同社では、同社では関連する顧客へ個別に訪問し、事情の説明や謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2007/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CODE BLUE 2019」が10月下旬に開催 - 論文募集やチケット販売が開始
コジマの通販サイトで不正ログイン、詳細は調査中
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府