Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

栃木市内の自動車ディーラー相次いで事務所荒らし被害 - 個人情報入りパソコンが盗難

栃木市内の自動車ディーラーで、6月7日未明に2件の事務所荒らしが相次いで発生した。いずれも事務所の鍵や施錠したキャビネットなどが破壊され、個人情報が保存されたパソコンが持ち去られたもので、現場は3キロほどしか離れておらず、同一犯の可能性もある。

ネッツトヨタ栃木では、栃木店において顧客情報8206件が保存されたパソコン9台が何者かによって盗まれた。氏名や住所、電話番号、性別、生年月日のほか、勤務先や車両に関する情報が記載されていたという。同社によると、パソコンは暗号化をしており、パスワードについても10回以上入力を誤るとロックがかかるという。

また既報のとおり栃木三菱自動車販売の栃木店でも同様に事務所荒らしの被害に遭い、個人情報を記録したノートパソコン5台などが奪われた。パソコンには個人情報94人分が保存されていたが、データは暗号化されていたと説明している。

いずれの事件も、盗まれた個人情報が不正に利用されたといった被害の連絡は受けていないという。現在、警察が捜査を進めている。

(Security NEXT - 2007/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ