Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

栃木市内の自動車ディーラー相次いで事務所荒らし被害 - 個人情報入りパソコンが盗難

栃木市内の自動車ディーラーで、6月7日未明に2件の事務所荒らしが相次いで発生した。いずれも事務所の鍵や施錠したキャビネットなどが破壊され、個人情報が保存されたパソコンが持ち去られたもので、現場は3キロほどしか離れておらず、同一犯の可能性もある。

ネッツトヨタ栃木では、栃木店において顧客情報8206件が保存されたパソコン9台が何者かによって盗まれた。氏名や住所、電話番号、性別、生年月日のほか、勤務先や車両に関する情報が記載されていたという。同社によると、パソコンは暗号化をしており、パスワードについても10回以上入力を誤るとロックがかかるという。

また既報のとおり栃木三菱自動車販売の栃木店でも同様に事務所荒らしの被害に遭い、個人情報を記録したノートパソコン5台などが奪われた。パソコンには個人情報94人分が保存されていたが、データは暗号化されていたと説明している。

いずれの事件も、盗まれた個人情報が不正に利用されたといった被害の連絡は受けていないという。現在、警察が捜査を進めている。

(Security NEXT - 2007/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送