Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メモリカード暗号化やリモートデスクトップをサポート「Windows Mobile 6」

マイクロソフトは、スマートフォン向けOS「Windows Mobile 6日本語版」の出荷を開始した。操作感の向上やセキュリティ機能の強化が行われた。

1年7カ月ぶりとなる今回のバージョンアップでは、よりPCと近い操作感を目指しており、HTMLメールのサポートやMicrosoft Exchange Serverと連携強化のほか、Windows Liveとの統合、Internet Explorerの機能向上、Microsoft Office 2007のファイル形式をサポートなどを実現している。

またセキュリティに力が入れられているのも特徴で、パスワードの有効期限を設定したり、リセットを実施できる。メモリカードのデータは、標準で暗号化が可能。データの消去機能もサポートした。またシンクライアント端末として利用できる「リモートデスクトップモバイル」を提供するほか、デジタル証明書のサポートが強化されている。

ウィルコムやソフトバンクモバイルが採用を予定しており、搭載端末は、2007年夏以降に登場する予定。

(Security NEXT - 2007/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増