Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティソフトの販売サイトが増殖 - 「ターゲットは日本」

日本をねらった偽セキュリティソフトの販売用サイトが複数確認されたとして、ウェブルート・ソフトウェアは注意を呼びかけている。

確認されたサイトはベルギー、イギリス、アメリカなど複数の国でホスティングされているが、そのうちベルギーの「www.VirusSeigyo.jp」はJPドメインで取得されており、ソフトウェア自身の配布も行われていることが確認された。いずれのサイトも構成が似ており、作成日も近いことから、同一組織の作成である可能性が高いという。

同社では5月、存在しないウイルスを検知したかのように偽い、購入を迫る不正プログラム「WinAntiVirusPro 2007」の日本語版を確認、さらに同ソフトの購入を迫るトロイの木馬なども発見しており、注意を呼びかけていた。

(Security NEXT - 2007/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ