Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティソフトの販売サイトが増殖 - 「ターゲットは日本」

日本をねらった偽セキュリティソフトの販売用サイトが複数確認されたとして、ウェブルート・ソフトウェアは注意を呼びかけている。

確認されたサイトはベルギー、イギリス、アメリカなど複数の国でホスティングされているが、そのうちベルギーの「www.VirusSeigyo.jp」はJPドメインで取得されており、ソフトウェア自身の配布も行われていることが確認された。いずれのサイトも構成が似ており、作成日も近いことから、同一組織の作成である可能性が高いという。

同社では5月、存在しないウイルスを検知したかのように偽い、購入を迫る不正プログラム「WinAntiVirusPro 2007」の日本語版を確認、さらに同ソフトの購入を迫るトロイの木馬なども発見しており、注意を呼びかけていた。

(Security NEXT - 2007/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市