Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニメーションカーソル脆弱性への攻撃が収束 - トレンドマイクロ調査

Windowsアニメーションカーソルの脆弱性を狙った攻撃が収束を迎えつつあることがトレンドマイクロの調査でわかった。

トレンドマイクロへ2007年5月1日から5月31日までに寄せられた被害件数をまとめた同社レポートにより判明したもの。同レポートによれば、5月の被害報告数は5145件で、4月の5862件から減少した。これは、4月のランキングで2位に入った「Windowsアニメーションカーソル処理の脆弱性」に対するゼロデイ攻撃が収束したためと見られている。

一方、ウェブサイトを介して感染を広げる不正プログラムが引き続きまん延している。3カ月連続で1位となった「BKDR_AGENT」や圏外から2位にランクインした「BKDR_HUPIGON」は、いずれも不正なウェブサイトを経由してダウンロードされるトロイの木馬型ウイルス。

特に「BKDR_AGENT」は、外部のサイトから6位の「TROJ_CONHOOK」などほかの不正プログラムをダウンロードして多重感染を引き起こしたり、別の不正サイトへ誘導するなど連鎖的な攻撃を行う。また10位の「TROJ_ZLOB」も、動画再生に必要な動画コーデックを装い、サイトからダウンロードさせる。

このように、不正プログラムとウェブサイトの関連が強まる傾向が続いているとして、従来のウイルス対策にくわえ、不正なURLへのアクセスをブロックするための対策も重要だとしている。

今月のウイルス感染被害トップ10は以下のとおり。

1位:BKDR_AGENT
2位:BKDR_HUPIGON
3位:ADWARE_BH_MYSEARCH
4位:JAVA_BYTEVER
4位:TROJ_VUNDO
6位:TROJ_CONHOOK
7位:TROJ_VB
8位:ADWARE_BESTOFFERS
9位:WORM_SDBOT
10位:TROJ_ZLOB

(Security NEXT - 2007/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市