Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス検出数が前月比24.3%増を記録 - IPA

情報処理推進機構は、2007年5月のウイルスや不正アクセスに関する届出状況をまとめた。また、今月の呼びかけとして、アプリケーションの脆弱性について注意を喚起している。

ウイルス検出数は、前月比24.3%増となる約77万個を記録。届出件数についても、3383件と5.8%の増加となった。もっとも検出数が多かったのは、「Netsky(約51万個)」で前月より約5万件増加。特に大きな変化を示したのが、前月1万弱だった「Sober」で、今回は約15万個が検出されて2位となった。続く「Stration」についても前月の倍以上となる約4万個だった。

不正アクセスの届け出と相談の合計件数は、先月から10件増の56件。34件と半数以上で被害が報告されている。今月は不正侵入が目立ち、パスワードクラッキングにより侵入を許してシステムが破壊された例や、脆弱性が攻撃され、個人情報が流出した例などが報告されている。

一方、同機構では、毎月テーマを決めて情報セキュリティの推進を訴えているが、今月はアプリケーションのセキュリティホールを取り上げている。

特に4月、5月は、アプリケーションソフトのセキュリティホールから侵入されて被害を受けたとの届出が目立ったという。同機構には、第1四半期に36件の脆弱性が報告されており、いずれも任意のスクリプトやコードが実行されたり、情報漏洩、なりすましといった被害に遭う可能性があるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%