Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

求められる的確な脆弱性対策情報 - IPAが公表マニュアルを用意

情報処理推進機構(IPA)は、「ソフトウェア製品開発者による脆弱性対策情報の公表マニュアル」をとりまとめ、ウェブサイト上で公開した。

同マニュアルは、2006年12月より開催している「情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会」の検討結果をまとめたもの。ソフトウェア製品開発者が的確な脆弱性情報をユーザへ提供できるよう、公表する際の手順や公表項目、ユーザーが必要とする情報、脆弱性対策情報への誘導方法などを説明している。

具体的には、脆弱性対策情報を提供する際には修正プログラムを提供するだけでは不十分で、十分な説明が必要として、製品名やバージョンのほか、情報の公表時期や脅威の深刻度、修正プログラム以外の回避策などの情報を明示すべきとしている。

また情報の公表項目や公表手順について、望ましい公表例と、利用者にとって分かりにくい公表例を挙げて、個別に解説している。脆弱性対策情報への誘導方法についても例示して、情報の更新日を明記し、利用者がアクセスしやすいリンクの貼り方を工夫するよう求めている。

(Security NEXT - 2007/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト