Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

求められる的確な脆弱性対策情報 - IPAが公表マニュアルを用意

情報処理推進機構(IPA)は、「ソフトウェア製品開発者による脆弱性対策情報の公表マニュアル」をとりまとめ、ウェブサイト上で公開した。

同マニュアルは、2006年12月より開催している「情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会」の検討結果をまとめたもの。ソフトウェア製品開発者が的確な脆弱性情報をユーザへ提供できるよう、公表する際の手順や公表項目、ユーザーが必要とする情報、脆弱性対策情報への誘導方法などを説明している。

具体的には、脆弱性対策情報を提供する際には修正プログラムを提供するだけでは不十分で、十分な説明が必要として、製品名やバージョンのほか、情報の公表時期や脅威の深刻度、修正プログラム以外の回避策などの情報を明示すべきとしている。

また情報の公表項目や公表手順について、望ましい公表例と、利用者にとって分かりにくい公表例を挙げて、個別に解説している。脆弱性対策情報への誘導方法についても例示して、情報の更新日を明記し、利用者がアクセスしやすいリンクの貼り方を工夫するよう求めている。

(Security NEXT - 2007/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割