Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフ・セキュアが企業向け迷惑メール対策製品を発売 - VMware版も用意

日本エフ・セキュアは、企業向け迷惑メール対策ソリューション「F-Secureメッセージゲートウェイ」を発売した。Linux版とともに、仮想マシンであるVMware上で動作するバージョンも用意している。

同製品は、スパム検出エンジンやウイルス検知エンジン、隔離メール確認機能などを搭載した企業向けのメールセキュリティソリューション。20万以上の構造やコンテンツ属性を検査し、スパムメールやフィッシングメールを防御する。スパム検知モジュールは多国語対応で、環境に合わせてカスタマイズが可能。

スパムメール、フィッシングメールに分類されたメールを自動的に隔離し、定期的に隔離メールの確認リストを送付する「隔離メール確認機能」を搭載したほか、IPアドレスレベルで接続を監視し、悪意ある接続は自動的に制御するなど、ネットワークを介した攻撃に対する防御も提供される。

(Security NEXT - 2007/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足