Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スターアセット証券の顧客情報が名簿業者に流出 - 業者の販促サンプルから判明

スターアセット証券は、名簿販売業者に同社の顧客情報が流出したと発表した。2人分の流出を確認しており、それ以外の顧客情報についても流出している可能性があるとして、警察へ被害届を提出するなどの対応を進めている。

今回の流出は、名簿販売業者が配布した販促用サンプルのなかに、同社の顧客情報を含む書類のコピーが含まれており、サンプルを受け取った同社顧客が気が付いて同社へ通報したことから発覚したもの。

サンプル中に含まれていたのは同社日本橋支店の顧客データで、顧客の氏名や住所、電話番号のほか、振込先口座番号、勤務先、役職、年収、金融資産など個人情報が記載された「保護預り口座設定申込書」や、氏名、住所、電話番号、勤務先、取引情報などが記載された先物取引の「委託者情報照会」のコピーなど、それぞれ1名分の流出を確認した。

同社では、名簿業者へ販売差し止めを要請、業者側もそれに応じたという。さらに2人分以外の顧客情報が漏洩している可能性もあるとして、同社は業者との交渉や社内調査を実施しているが、それ以外の顧客情報については、流出の状況を確認できていない。同社では、関連団体や監督官庁へ事態を報告、警察に被害届を提出している。

流出が確認された2人に対し、同社では、事情を説明し、謝罪をした。また不振な電話やダイレクトメールを受け取った場合、同社まで連絡してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社