Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記録した携帯端末をトイレ内で紛失 - 東京ガス関係会社

東京ガスは、5月25日に同社子会社である東京ガス・カスタマーサービスの検針作業員が顧客情報383件を含む業務用携帯端末を紛失したと発表した。

紛失した端末には、東京都立川市内の383世帯の顧客情報が記録されていた。氏名や住所、電話番号、ガス使用量、請求金額のほか、一部顧客は口座番号といった個人情報が含まれる。

作業員が立ち寄った店舗トイレ内に端末を置き忘れたもので、次の作業場で紛失に気が付き、店舗に戻ったが何者かに持ち去られたあとだった。同作業員は、トイレを利用した際に財布を拾得、店長へ届け出るなどトラブルに巻き込まれており、そのまま端末を置き忘れてしまったという。

端末は28日の時点で見つかっておらず、紛失届を提出。28日時点ではまだ発見されていない。東京ガスによれば、同端末はIDや暗証番号でロックされており、保存データは暗号化されているほか、一定回数誤った暗証番号を入力した場合、自動的にデータが削除されるとしている。同社では、関連する顧客に対し説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2007/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー