Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

対馬市の個人情報漏洩、その後の調査で1412人分に

対馬市の個人情報が再委託先からWinnyネットワーク上へ流出した問題で、当初1132人分の流出が確認されていたが、あらたに280人分の漏洩が判明し、1412人分にのぼることがわかった。

今回の流出事故は、2003年の6町合併により同市へ移行する際、業務委託先へ委託した住民の情報が漏洩したもの。業務委託したBCCの再委託先である山口電子計算センターの従業員が自宅へ持ち帰り、ウイルス感染によりWinny上へファイルが流出した。

流出が確認されているのは、当初より判明し、長崎県などに報告していた厳原町、美津島町、峰町、上県町、上対馬町における公営住宅の保証人に関する1132人分のほか、その後の調査により旧峰町及び上県町における公営住宅入居人の氏名や住所など152人分や、氏名や住所、生年月日を含む63世帯128人分の住民記録などの流出が判明。同市では、個人情報が流出した市民に対して謝罪状を送付、謝罪するという。

(Security NEXT - 2007/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀
不正ログインで狙われるゲームアカウント - RMTで換金
地方セキュリティ人材の育成方策を取りまとめ - 総務省
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
高校で指導要録が所在不明、ロッカーが未施錠 - 神奈川県
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
IPA、登録セキスペの説明会を開催 - 制度やメリットなど紹介
「Firefox 67.0.2」がリリース、Windows版の脆弱性を修正