Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

操作ミスによるデータ破壊が原因 - 「ひかり電話」の接続障害

NTT東日本とNTT西日本の間で「ひかり電話」が相互に接続できない障害が発生した問題で、両社は操作ミスが原因だったと発表した。

今回の接続障害は、23日6時30分ごろから10時過ぎまで、それぞれのサービスエリアへ相互に接続できない状態となったもの。両社では、プログラムの再インストールを実施して復旧したが、その後原因の調査が行われていた。

両社によれば、障害の原因は、操作ミスによるもので、5月21日深夜から翌日未明にかけて両社間を接続する呼制御サーバのハードディスクを交換した際、誤ったコマンド設定を実施したことからデータが破壊され、その結果異常処理が発生したという。

今回の障害で影響を受けたのは、事業者向けサービスである「オフィスタイプ」や「ビジネスタイプ」など約29万回線を含む約289万回線。両社は、再発防止を目指し、作業内容のチェック強化などを実施するとしている。

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

NTT西日本
http://www.ntt-west.co.jp/

(Security NEXT - 2007/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応