Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でアドレス154件を流出 - 岐阜県

岐阜県は、5月15日に同県事業「岐阜フィルムコミッション」の協力者へ観光交流課がメールを送信した際、誤操作によりアドレスが表示された状態で送られたと発表した。

同県では、映画やテレビ撮影時に、撮影ポイントの情報提供や各種手続きを支援するサービス「岐阜フィルムコミッション」を提供しているが、同サービスへ協力するサポーター向けにメールを送信した際、事故が発生したもの。

一斉送信した際、送信先の氏名とアドレス154件が表示された状態で送られた。同県では該当する登録者に対し、報告と謝罪をするとともに誤送信メールの削除を依頼したとしている。

(Security NEXT - 2007/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大