Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でアドレス154件を流出 - 岐阜県

岐阜県は、5月15日に同県事業「岐阜フィルムコミッション」の協力者へ観光交流課がメールを送信した際、誤操作によりアドレスが表示された状態で送られたと発表した。

同県では、映画やテレビ撮影時に、撮影ポイントの情報提供や各種手続きを支援するサービス「岐阜フィルムコミッション」を提供しているが、同サービスへ協力するサポーター向けにメールを送信した際、事故が発生したもの。

一斉送信した際、送信先の氏名とアドレス154件が表示された状態で送られた。同県では該当する登録者に対し、報告と謝罪をするとともに誤送信メールの削除を依頼したとしている。

(Security NEXT - 2007/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社